So-net無料ブログ作成

フリスビーのつづき。 [日常]

複雑な心境

・・・そんな最悪な思い出のある5号公園を避けて、
4号公園でフリスビーをしていました。

でも大人なら誰しも気にするはずです、
「また川に落ちるんじゃないかな?」てね。

子供のやることだし、さらに今回はフリスビー。
どういう軌道を描くか想像つかない、ということが最高に恐怖!
そこにきてさらに、まだ幼稚園の年下のお友達も登場!

これはどう考えても “落ちるシチュエーション” 。

…で、案の定なわけですよ。
ふわふわ~っとね、結果、川に落ちるわけです、フリスビーが。
しかもそのお友達がひょろろろ~っと投げたのがね。

急斜面による風もあったんでしょうね。
ひょろろろ~ってすぐ落ちそうな軌道なのに、
そのまま、ひょろろろ~って、あれよあれよと急斜面下の川まで飛距離が出て落下。

息子はショックでムスっと無表情。
そこへきて、その友達の子は謝りもせず、違う話をし始める。

カオスな時間帯に入りました。

「○○くんはわざとじゃないしね、しょうがないよ」と言っても、ムスっ。
「川に降りられるところないか探そうか?」でも、ムスっ。
「お父さん取りにいこうか?」「いい…」(そりゃそうか)

そのうち息子のムスっ、が、怒りに変わってきているのが見てとれる。

「○○くんのお母さんに言って!」
「じゃ、ついて行ってあげるから自分で言える?」
「お父さんが言って!新しいの買ってもらって!」
「わざとじゃないし、買ってもらわなくてもいいじゃん」
「もういい!」(そのときの写真ね、これ)

はぁ。
10年くらい前の僕なら、この時点で僕の方がブチ切れてますね。
大人になったなぁ。

しばらくしてその友達は他の子と遊び始めてた。
すると・・・

茂みの影からどんぐりをその子に向けて投げつけている、我が息子。
その陰湿な行動が滑稽に見えた少しの時間、ウケて放置してる、その父親。

It's カオス。

けど、やるせない息子の気持ちを思うと見てて辛くなってきたので、提案した。

「○○くんに謝ってって言いにいこうか?謝ってもらいたいもんね?」
「もし自分だったらわざとじゃなくても謝るもんね?」

というところで、やっと息子には折れていただき、お友達を呼んで、
「わざとじゃないけど、謝って欲しいんだ」と伝え、謝ってもらい→帰宅。

お母さんて、こんな面倒なこと毎日やってるんだろうね。
大事なことなんだけど、逐一やるのって大変だよね。

タグ:子供 家族
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。